445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

トレードと語学の習得はよく似ている

大下落の一週間を経験して、このまま下目線を続けてしまうと恐ろしいことにもなりうります。今は週足レベルのレンジ中だからです。

 話は飛びますが、このブログにコメントをくださる方は希少でして、最近くださった、めま様、2月にくださった 野口大介様、ありがとうございます。

私の分析方法は本当に私独自のものですので、たしかに方法論がワケワカメかもしれません。でも、解説してしまえば実に単純で、5分で説明がついてしまいます。

私自身、FXを学び始めてから約一年半は、ボリンジャーバンドを使う手法だけを実直にやってきました。そんな折、今の分析方法が「ある日突然視えてしまった!」というのが本当のところです。視えてしまったけれど、本当にそれで合っているのか?は検証してみないと分からないので、過去10年分、365日24時間のチャート検証(ユーロ円1分足以上全て)をやって初めて自分の視えたことを信用した、という感じです。検証期間だけで半年を費やしました。

その経験の中で言えることは、ひとつの手法を学びだしたなら、最低でも1年以上はそれだけを学び続けるべきだ、ということです。すぐに稼げないからとコロコロ手法替えをする人にはぜったい到達できません。

私はトレードを語学の習得に例えるのが好きなので、以下少々お付き合いください。

何かしら外国語を習得したいとして、まずは英語を学んだとしましょう。1~2か月やっても喋ることが出来ない、聴き取れない、じゃあドイツ語を学ぼう、なんてことをしたらどうですか?ドイツ語もダメだからフランス語に乗り換えよう、中国語、スペイン語etc...

いつまでたっても「外国語を習得する」という目的は果たされないのはわかりますよね。

「トレードを習得する」という目的も、様々な手法(言語)を短期間で渡り歩いていたなら、それは無意味どころか逆行してしまうことにもなります。相場に関わっている年数だけが積み重なり、いらない知識とプライドを増やすだけで柔軟性もなくなってゆくからです。まずはひとつをじっくりと年を通して取り組む。この姿勢が肝要です。