445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

テクニカルを軽視してファンダメンタルズ重視でトレードしている人の大きな勘違い

朝の急上昇後の相場を分析しています。急騰急落があったとしても、やることは変わりません。ルーティンワークです。

テクニカルを軽視してファンダメンタルズ重視でトレードしている人の大きな勘違いとして、チャート分析は世界情勢&情報の分析と別物だと考えているところです。

チャートが現わしているのは、過去、実際に執行された価格を示しているものです。その背景には個人的で感情的な理由から世界情勢まですべてが存在しています。テレビやネットやどこかで聞き及んだニュースの断片を組み合わせた程度の情報量ではありません。チャートの形は気象や災害や戦争など含めたすべての上に形成されたものだということです。

チャート分析をするということは、それらを数値化、可視化、パターン化させて認識する作業ということになります。テクニカルトレーダーからしますと、トランプ大統領の発言があったから動いた、という前に、そこで大きく反発する予測は事前につけることが出来ており、たまたまそのレートでトランプ発言が重なった、くらいのものです。

ですので、急騰急落があろうとそれはいつものパターンなわけです。過去に幾度も観測できている出来事なのです。せっかく過去チャートを見ることが出来るのですから、それを分析しない手はありません。というか、そうしないとトレードで飯を食っていけないと思います。

一日一回 ↓ 応援クリックお願いしまーす☆


FX・女性投資家ランキング