445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

大恋愛時代があったからこそ今がある

本日の動画では、「もし分析と違う動きをしたら?」という観点で解説しています。

昨日のブログ記事に書いた、「相場は生き物なので一度たりと同じ形にはなりません。ですので、過去検証と分析によって導き出されるものは、あくまでも「傾向」でしかありません。」という意味の内容を、私のたどたどしい生の言葉でお話しています。

余談ですが、私の起床時間はだいたい午前11時前後で、それから神棚とお仏壇に手を合わせ、コーヒーを淹れて、パソコンを開いてチャートを開いてほぼすぐに収録を始めます。ちゃんと頭を回転させる時間は取っていますが、ご覧の通り「今日の相場分析シリーズ」は編集無しの一発録りです。いつもシナリオ無しでスタートしています。

手前味噌ですが、私の分析スキルはとても高いと思います。何時間もチャートの前に座ってエントリーポイントを探すなんて、正直いって、もう感覚的には分かりません。とはいえ自分にもそういう時期(初心者時代)がありましたので、記憶の中にはデータとして存在しています。

何が言いたいのかと申しますと、鬼のように検証と勉強をすればこのくらいにはなるんだよ、というお話です。換言するなら、どれだけ相場を愛して相場に没頭したか?がそのまま今のトレードスキルです。私の相場愛は本当に凄まじいですよ。w 

今でこそ思考の50%くらいしか占めていませんが、初期の3~4年は90%だったと思います。のこりの10%で別の事を行っていました。毎日の勉強時間は平均10時間です。ほぼ毎日勉強会を開催し、インプットとアウトプットを繰り返しました。食事の時間も惜しいので一日一食です(これは今でもそう)、トレードの話が出来ない人とは一切会いませんでした。生業も最小限にしかやらなくなってしまいました(これはビミョーかもしれませんね)。今思い返しても恋愛感情とソックリだったと思います。しかも一生を共にしたいレベルの人と出会ってしまったソレです。4年程度で脳が落ち着いたところからも、恋愛と同じ脳内物質が出ていたのだろうと分かります。

今はすっかり家族になったので家族愛を注いでいるイメージです。さらに深まっていると思います。^^

一日一回 ↓ 応援クリックお願いしまーす☆


FX・女性投資家ランキング

ameblo.jp