445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

「DNAに逆らわない」は「相場の流れに逆らわない」

トレードの世界では、全トレーダーは己の利益のためだけにトレードを行っています。わざわざ資産を減らそうと思ってやっている人は只の一人もいないでしょう。だから、トレーダー同士どんなに仲良くなってもライバルなんだという考え方があります。

実はそれが大きな間違えです。

トレードとは孤独な仕事なんだとガチガチに凝り固まったその考え方が、トレーダーとしての成功を遠ざけているということに気が付いた方が良いでしょう。

大きな組織の投資部門では、少なくとも二人以上の複数のチームを組んで取引を行っています。相場の分析を共有することが出来るという利点があること、そして、単独で行ってメンタルを崩すことを避けるため、実行する人と監視する人を分けているのです。

早くトレードで稼ぐつもりなら、チームを組むことをお勧めします。すると、自分のメンタルをトレーダー向けに矯正するためにかかるであろう膨大な時間を短縮できます。仲間を作るのには、社会で培ったコミュニケーション能力を駆使することもできます。なにより、共通の目的に向かう仲間との会話は楽しいです。生活に張りが出ます。

いやいや、人間関係が煩わしくてトレーダーになろうと思ったんだよ、という人が大多数かと思いますが、人間というものはDNAレベルで共感、共有、共存を快感と感じるように出来ています。人類が繫栄しているのは他者とのコミュニケーションの賜物ですから、それに反する方向に進もうとすればDNAレベルでの抵抗が起きるのはあたりまえです。

トレードチームを作らずとも、志を同じくする仲間を見つけること、人にトレードを教えること、トレードで得た利益を社会交流のために使うこと。こういう姿勢でいますと、おのずとトレードの成績が安定してきます。

DNAに逆らわない、これが相場の流れに逆らわないにも通ずるように思います。


FX・女性投資家ランキング

 ハーバードビジネスレビュー「チームの力 多様なメンバーの強さを引き出す」