445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

メンタル=トレーダーとしての才能

トレードで勝てない理由に「メンタルが~」といって逃げてる人に対して、多くのカリスマトレーダーの方々はお怒りです。「毎日勉強して、多くの検証作業をして手法に自信を持てば、メンタルが崩れるなんてことはない!不勉強を棚に上げるな!」と。

いやいや、その不勉強さもすでにメンタルなんですけどね。(苦笑)

カラスは黒いという命題はたった一羽の白いカラスがいればくつがえせるのと同じく、たった一人の例外がいれば分析能力の問題が最優先ではないと論破できます。それは私自身の存在です。

私が今の分析法にたどり着いたのは、トレードを始めて一年半経ったころです。検証作業もユーロ円とユーロドルの過去10年分を1分足レベルまでやり込みました。毎日5~10時間、検証作業だけで半年を費やしました。「FT2が擦り切れるほど使った」というジョークが口をつくほどやり込みましました。結果、勝率90%の手法を手に入れました。チャートを開けばどこでエントリーすべきか?がほぼすぐに分かります。利食いも損切りも厳密なルールを作り上げました。

なのにポジションを持ってしまうとルール通りできない自分がいました。

世のカリスマトレーダーの方々は、検証が足りていないからだと言うかもしれません。いやいや、今の私のトレード法はあの頃とまったく変わっていないので、完全にメンタルの問題だけで、さらに2年くらい勝てない期間を過ごしたという体たらく。どんなに素晴らしい手法とルールを持っていても守れなきゃまったく意味なし。欲と恐怖に心が持って行かれるとただのアホになります。アナリストが実際のトレードで勝てないのは、分析能力とトレーダーとしての才能は別物だからです。

ですから我々が言うメンタルは、トレーダーとしての才能を意味しています。

そしてもう一つ例をあげますと、私にトレードを薦めてくれた億トレーダーのニールさんの存在。

彼は最初からメンタルができていて、すると資金管理も徹底するのでトレードを始めて9年近く常勝しています。逆に技術の方は後追いで着いてきた感じで、今のニールさんの技術は、こう言うのも僭越ですが、3年前の私レベルです。でも億を稼いでいるのはメンタルが出来上がっていたニールさんの方です。

以前ニールさんが言っていた言葉が印象的でした。

「メンタルも資金管理も技術も、それぞれが偏差値70以上ないとトレードって勝てないと思う」

なるほど~と一度はうなづきかけましたが、技術は60くらいでもOKだと思います。ニールさんそうだったし。^^

カリスマトレーダーの方々がお怒りなのは、技術が60未満なのに全部メンタルのせいにしている人のことなんです。とはいえ結局、メンタルさえ出来ていれば資金を飛ばすことはないので、相場に残り続けるためにもトレーダーとしてのメンタル構築作業を意識的に行うことをお勧めします。それはトレーダーとしての才能を開花させるのと同義語ですから。^^


FX・女性投資家ランキング