445FX 常勝blog

独自の手法で取引するFXトレーダーのうんちくと動画

初心者が心得るべき一番のことがら

私にトレードを勧めてくれた大恩人、ニール・ギャラガー氏(とうぜん仮名)が2つ前の記事にコメントを下さいました。しかも旅行先のハワイから。 

すでに億トレーダーのニールさんですので、そんな彼に「勉強させてもらっています」と言われますと、嬉しいと共に非常に恐縮してしまいます。^^

同じ記事のコメント欄に、たかさんという初心者の方からの書き込みもありましたので、今日は少しニールさんのお話をしたいと思います。

彼の強さは、どんなに勝ち続けていても毎日の勉強を怠らない姿勢にあります。もとい、そういう人だからこそ成功するのでしょう。

この世にたくさんカリスマトレーダーはいますが、本物の天才トレーダーはニールさんのような人だと思います。他はだいたい、大きな損失を経験してから勉強して成功したパターンでしょうが、ニールさんは違います。はじめから一度も資金を飛ばすことなく(日ベースの負けはあり)、かれこれ10年近く勝ち続けているのです。

ニールさんがトレードを始めた理由は「心を鍛えるため」なので、お金のためではありませんでした。「ルールを守る心があれば、お金はちゃんとついてくる」を体現した人です。

技術が未熟だった初期のころであっても、正しい資金管理とルールの順守。これをはじめからできた人間は、アメリカの投資家集団タートルズのカーティス・フェイスくらいでしょう。

なにせトレードという作業は、人間の精神構造では負けるようにできているからです。

「デイトレード」の著者オリバー・べレス&グレッグ・カプラ、「ゾーン」の著者マーク・ダグラスですら、7~8年の不遇な期間がありました。その期間があったからこそ、トレーダーとしてのメンタル構築のための書籍を出版するに至ったのですが。

ですので当然私もこのコンセプトでトレードを学び始めました。

初心者がまず心得ておかねばならないことは、「プロの技術を身につけるまで相場には参加しなこと」です。具体的に言いますと、最低でも半年間は勉強&検証期間にあて、デモトレードで3か月以上安定して勝てるようになるまでリアルトレードはしないことです。練習でうまくできないものが本番でできるわけがない、ということを肝に銘じて取り組んでください。

というわけで、日曜日恒例、週明けのためのチャート設定動画です。^^