読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

445FX 常勝blog

FXにまつわる動画とか文章とか常勝法とか

聖杯はないことを知る、それが聖杯

週足レベルのフィボナッチ50%を抜けたら予想通りの大きな下落が起きました。現時点でまだ下落の勢いの方が強いですが、下には61.8%が待ち構えているということを念頭に置いてシナリオを組み立てなければなりません。 メンホーしてしまう一番大きな理由は、…

宝くじと確率論

ナンバーズという宝くじがあります。 ナンバーズ3なら3桁の、ナンバーズ4なら4桁の数字を組み合わせたくじを1組200円で販売しています。 つい先日、私の別の仕事のクライアントが、このナンバーズ4を販売全日10組づつ買い続けて、およそ10年以上になるという…

初心者が心得るべき一番のことがら

私にトレードを勧めてくれた大恩人、ニール・ギャラガー氏(とうぜん仮名)が2つ前の記事にコメントを下さいました。しかも旅行先のハワイから。 すでに億トレーダーのニールさんですので、そんな彼に「勉強させてもらっています」と言われますと、嬉しいと…

自分マネジメント

「トレーダーという職業がこの世で最も難しい仕事」と言われるにはいくつかの理由がありますが、その中のひとつに「健康と環境にシビアに反応する」からというものがあります。 他の職業なら、多少体調が悪かろうが、引越などして環境が変化しようが、夫婦喧…

相場の世界にアマチュアはいない

トレードの世界で、「自分はまだまだプロじゃないんで」とか「素人の域を出ていませんから」と、謙遜なのか卑下なのか、一歩へりくだったようなことを言う人がいますが、トレードの世界にアマチュアってありましたっけ? スポーツ選手で例えるとより分かりや…

「字幕スーパー付き映画」と「勝ち組トレーダー動画」の共通点

「トレードスキルと語学の習得はよく似ている」と過去記事にも書きました。そして、「語学の話を引き合いに出した例え話をするのが好きだ」とも書きました。その流れでひとつ。 字幕スーパー付きの外国映画を鑑賞している時、その言語を多少なりと学んで来た…

エントリーもイグジットもほぼ理想的にできたトレード

優位性のある分析方法・手法を確立したならば、そのシグナルに従って粛々と行うべきことを行う。相場(分析)が下と言っているなら下。上と言っているなら上。違ったら切ればいいだけ。このトレードでは利益を得ましたが、そこにはなんの感情も湧きません。…

マイナス60.5pips やってはいけないトレード例

昨日のアジアタイム、ドル円のトレードです。 時間のある時にしかトレードをしないというマイルールを破った結果がこれです。 すでに冒頭部分からおかしいことが分かります。いつもなら日付と時間を言葉にするのですが、それすらしないで先に進めてしまって…

トレードと語学の習得はよく似ている

大下落の一週間を経験して、このまま下目線を続けてしまうと恐ろしいことにもなりうります。今は週足レベルのレンジ中だからです。 話は飛びますが、このブログにコメントをくださる方は希少でして、最近くださった、めま様、2月にくださった 野口大介様、あ…

トレーダーとして東日本大震災から学んだこと

本日3月11日は、東日本大震災から丸6年という日にあたります。亡くなられた方々のご冥福を、本日改めて祈念するわたくしです。そして未だ、約10万人の被災者の方々の生活が安定していらっしゃらないということです。国に対して、各自治体に対して、早急の改…

トレード必勝法「自分のことは自分が一番知っている」

兼業トレーダーの私は、実質パソコンの前に居られないことが多いです。 スマホで分析できるタイプではないので、外ではムリ。どうしても大画面モニターのデスクトップパソコンが必要です。居ることが出来ても、別の作業(仕事)をしている時は片手間にトレー…

常勝トレーダーでいるための努力

トレードで勝ち続けるために私が心がけていること。 節制した生活を送る。 やるべきことを後回しにしない。 交通ルールを守る。 喧嘩をしない。 まずは相手の立場になって考える。 人間に直に接する仕事を持つ。 勉強するとか検証するとかチャートの監視を毎…

「トレードの技術を身につければ、全てを失ってもやり直せる」は嘘

トレードを学び始めた理由は人それぞれだと思いますが、大枠「何にも依存しない独立した経済の確立」といったところでしょう。 時間にも場所にも縛られず、わずらわしい人間関係もありません。利益を上げるのも失うのも、すべては自己の責任のもと。 通信回…

大富豪の気持ちを考える

株でも為替でも、トレードを行うときに意外と忘れがちなのは、「必ず相手が存在している」ということのような気がしています。私もたまに忘れます。(苦笑) 売りを入れて約定されたとき、それは買ってくれた人がいたからにほかならず、逆も同じく。 株はま…

トレードは人生の縮図

大学卒業後、社会に出て5年目のY君27歳。 もう新人ではないけれど、中堅とも言い難い、でも幾ばくかの権限を持たされるようになったという、社会人的微妙なお年頃の彼は特にトレーダーというわけではありません。久々に会ったので。。。 445「最近、仕事はど…