読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

445FX 常勝blog

FXにまつわる動画とか文章とか常勝法とか

スキャルのつもりが結局デイトレになってしまったトレード

昨日のアジアタイムのトレードですが、はじめはスキャルのつもりでやり始めたのに、結局ポジションの保有3時間近くしていました。

エントリーしたとたん、あまりの凪相場にハマってしまい、弱っている私の様子がわかるように編集しました。(汗)

とはいえ、+84.7pips獲得できました。

 

FX常勝するためのチャート設定動画(ドル円)

現在は大きなレンジの中にいるので、売り買いの価格帯ゾーンや水平線の引き直しがとても楽な場面にいますが、毎週末にこのチャートを整える作業をすることが、とても良い頭の整理になります。

悪意の第三者に勝手に自分の口座でトレードされたらどうする?

唐突ですが、今回は「サイバー攻撃」について書いてみようと思います。

まず、サイバー攻撃と言っても目的の違いや仕掛けている犯人(グループ)も様々です。それらを大きくカテゴライズしますと、

「愉快犯」

「国家(間戦争)」

「テロリスト」

「窃盗犯」

「誘拐犯」

と、このようになると私は認識しております。

各々の解説は以下です。

「愉快犯」ハッカー、クラッカーと呼ばれる個人が、国や企業など大きな機関のシステムに入り込み、悪戯及び破壊をし、己の技術力の高さを見せつけてほくそ笑むことが目的。昨今で有名なのはアノニマスと呼ばれる匿名のハクティビスト集団の存在でしょう。ハクティビストとは、ハッカー(サイバー技術者)とアクティビスト(積極行動主義者)を融合させた名称です。

「国家(間戦争)」国家が国益のために目標とする相手国の情報収集や様々なシステムを改ざんしたり機能停止させるなどを行う行為。現在、サイバー領域においては国土領土など曖昧にできる部分が多すぎるため、国際法で裁くことが非常に難しい。例えば、中国が行っている、世論戦・心理戦・法律戦というソフトパワーを使って自国の思惑を他国に浸透させてゆく「三戦」。また、ロシアはエストニアやグルジアで地上戦と共に高い技術のサイバー戦を繰り広げていますが、「それは正規軍の仕業ではない、正規軍としてのサイバー軍は持っていない」と主張しています。つまり、愛国有志の一般人の仕業ということになるので国際法で裁けないのです。

「テロリスト」ISなどの原理主義者が行うジハードと称する攻撃は、サイバー領域でもいかんなく行われています。前述のアノニマスや国家間戦争も内包するのかもしれませんが、インフラの無効化など「国ではない有志グループの行う直接人命にかかわるサイバー攻撃」という意味でカテゴライズしました。

「窃盗犯」銀行も企業も個人も、資金を全て現金化して保有しているわけではありません。口座の中に電子数値として保存されているものが殆どだと言ってもよいでしょう。ですからサイバー窃盗犯(団)は、情報やプログラムだけでなく、金も盗んでゆきます。世界のGDPの1~2%は盗まれているといわれているほど深刻です。見れば一目で気づくような金額をごっそりいくパターンもあれば、何百万人分の口座からわずか10円づつ抜き取るパターンまで様々です。

「誘拐犯」例えば、サイトやメールなどにウィルスを添付して、PCをロックさせたりデータを全て暗号化させてしまうというのがこの手合いのポピュラーなやり口です。そして脅迫状を送ります。「このシステムを復旧させたくば金をよこせ」と。 専門的にはこの手のサイバー攻撃を「Ransomwareランサムウェア」と呼んでいます。Ransom(身代金)です。

 

パソコンでお金の取引をする私たちトレーダーにとって、サイバー攻撃は対岸の火ではなく、明日は我が身の出来事です。

自分の証券会社の口座に侵入され、勝手に取引されて資金を減らされてしまう

なんてこともあるのです。悪夢です。

いやこれは、ハッキング能力がなくても、悪意の第三者に口座番号と暗証番号を知られてしまえばありうることなのですよ。いや、証券会社自体が約定をずらしたり操作してくるのもサイバー攻撃だと思うがいかに?(苦笑)

 

アジア~ロンドンタイムにまたがって+84.2pips獲得 (ドル円)

見やすくするために、三尊の形(波)に手描きジグザグを足して解説。

1時間足の三尊、5分足の逆三尊、1分足の逆三尊を総合的に見てエントリー&エグジットを割り出しています。

私はフィボナッチ使いなのですが、実はもう当てなくてもあらかた数値が分かるまでになっていまして、今回の動画ではついフィボを当てずに話を進めてしまい、エントリー後に当てて解説をするという場面があります。

アジアタイムの約20分保有で49.3pips獲得 (ドル円)

午前中にトランプ大統領の議会演説があり、アジアタイムでありながら大相場になっている場面でのトレードです。

大相場で現れる三尊(一分足レベル)は、いつものルールをあてはめません。また、目標設定として使ったフィボナッチの値について詳しい解説をしています。


 

売り買いゾーンの設定にも「三尊」は重要な判断基準になる

かなり過去に設定された売り買いゾーンに当たってきたら、判断の元になる部分を見直してみることをお勧めします。

その時の考え方にも「三尊」が絡んできます。(今回は逆三尊ですが)

どれだけ三尊が好きなのか私?というより、それだけ三尊が相場分析において重要だということだと思います。

常勝トレーダーでいるための努力

トレードで勝ち続けるために私が心がけていること。

節制した生活を送る。

やるべきことを後回しにしない。

交通ルールを守る。

喧嘩をしない。

まずは相手の立場になって考える。

人間に直に接する仕事を持つ。

勉強するとか検証するとかチャートの監視を毎日するとか、そういう当たり前の作業はあえて挙げるまでもありません。

トレードは自分の性格や生活パターンがダイレクトに反映されるツールなので、「自己の在り方」が常勝のための重要ポイントになります。